• YAHATA KIYONOBU

「ストーリー」ってどうやって表現するの?

BRANDING MAGAZINE


ブランドディレクターの八幡です。

このブログでは、コロナで大変な思いをされている事業者の方を、ブランディングの力で応援をしたいと考え、これまで書いてきたメルマガから、その内容を抜粋し紹介しています。


前回は、ブランドストーリーで「感情移入」や「共感」を生み出せることができるというお話をしました。

本日はその続きです。


 
ストーリーの表現方法


ストーリーを表現するためには「言葉」をつかいます。

でも、ただ事実を淡々と並べただけではストーリーとは言えません。

最も大事なのは「ドラマ」を描くことです。

父の背中を見て描いた幼きころの夢。


現実との理想のギャップ。


どん底の挫折。


自分の殻を破り下した勇気ある決断。


それでも続く敗北。


心救われた恋人からの深い愛情。


最後に見つけた本当の自分。

ここには「ドラマ」がありますね。

どんなブランドでも「ドラマ」は必ず存在しています。

「ドラマ」とは「感情の波」そのものでもあります。

つまり「喜怒哀楽」を描くことです。

ブランドをつくるときに感じてきた創業者や従業員の「感情の波」を紡ぐことでブランドストーリーは豊かになっていきます。

\ 本日のワクワクポイント講座 /



ブランドストーリーを描くには「ドラマ」が大切だ!



では、またの配信をお楽しみに。


2時間でおこなう「ワクワクブランディング オンライン体験」をはじめました。


全国どこからでも、おひとり様でもお申し込みできます。ご興味のある方はこちら


ワクワクブランディングオンライン体験

ワクワクブランディングメルマガでは、ブランディングのポイントや手法、事例などを書いています。


1週間に2回程度自動配信されるメールを、1分程度読むだけでブランディングの知識をつけることができます。ワクワクブランディング体験を特別価格で受けられたりと、様々な特典もあります。


ブランディングメールマガジンを購読希望の方は、以下のボタンよりご登録ください。

[メルマガを無料購読する]