「工務店のロゴ」が、ある事をしただけでグッとおしゃれに変身! (デザイン秘話)

April 5, 2018

 

 

こんにちは、OICHOCです。
今日は八王子市にある

リノベーション会社

「TAKUMI」様のロゴを
デザインした時の「こっそり話」を

書きますね。

「工務店」

「建築屋さん」

「工事」

というと、
おしゃれなイメージを持つ方は

少ないかもしれません。

でも、
私達が「わぁ、おしゃれ!」

「素敵な内装だなぁ」と感動する

建物やお店は、
TAKUMIさんのような建築会社の

職人さんの手によって

生まれているんですよね。
(ここはとても大切)

中でも、TAKUMIさんの特徴は
「壊れた設備・建物の修理」ではなく、
「古い建物の内装を根こそぎ総とっかえ

→ 新築同様 & お洒落に生まれ変わらせる」
点です。

つまり、
建物の「美」を生み出す仕事なんです。

今回は
● リノベーションにより

 お客様 (施工主) に何が提供できるか
● リノベーション (根本的な改装) と

 リフォーム (修繕) の違いは何か
を考え、
「美」「エレガント」「お洒落」を、

文字を使ったロゴで表現しました。
 

従来のロゴはこちらでした。

 

 

このロゴには、実際にTAKUMIさんが

提供している価値とのギャップを感じました。

 

その課題を踏まえ、リニューアルしたロゴが以下です。

 

 

 


「美」をどうやってロゴで表現したかは、

下のWORKSのページをご覧くださいね!
( https://www.oichoc.com/works )

今回のポイントは

「ロゴデザインで、

企業が提供している価値を表現する」

でした。

工事前後の変化が

「同じ建物とは思えない!」と好評な
TAKUMIさんの施工事例は

こちらをごらんくださいね!
( http://takumi-homepro.com/case

 

Share
Share
Please reload

Please reload

ARCHIVE
Please reload

TAG