• YAHATA KIYONOBU

【4】やってみよう!みんなでブランディング

BRANDING MAGAZINE


ブランドディレクターの八幡です。

このブログでは、コロナで大変な思いをされている事業者の方を、ブランディングの力で応援をしたいと考え、これまで書いてきたメルマガから、その内容を抜粋し紹介しています。


前回は、ワークショップをする上で具体的な時間についてお話しさせていただきました。

本日は、チームブランディングをはじめる前の前提づくりをご紹介いたします。


「まぜこぜチーム」を結成することができたとして社長や取締役を目の前に社員やアルバイトのメンバーが忖度なしの意見を言うことができるでしょうか?

普通に考えたら非常に難しいですね。

そこで、上下関係を意識せずに活発な意見交換の場とするためのルールが必要になります。



グランドルールの設定


社長や役員の方にもチームブランディングの意図を正しくご理解いただくために目的や前提をお伝えする必要があります。

「質の高いブランドづくりのため」


 ↓


「意見の出しやすい場づくりが大切」


 ↓


「上下関係は一度フラットにさせていただく」

という順番でお伝えします。

その上でグランドルールを設定します。

私がよく設定する事例をご紹介します。

・ほめる


・楽しむ


・励ましあう

です。

この中でも特に重要なのが「ほめる」であると思います。

自分の意見を否定されていいおもいをする人は1人もいません。

逆にほめられて嫌なおもいをする人もあまりいません。

どんな小さな意見にも「宝」があると考え自分と意見が違うとしてもいいところを見つけて「ほめる」こと。

これをルール化することでワークショップは大きく前進します。


というわけで、続きは次回。


\ 本日のワクワクポイント講座 /


グランドルールで前向きな場づくりを!


では、またの配信をお楽しみに。


2時間でおこなう「ワクワクブランディング オンライン体験」をはじめました。


全国どこからでも、おひとり様でもお申し込みできます。ご興味のある方はこちら


ワクワクブランディングオンライン体験

ワクワクブランディングメルマガでは、ブランディングのポイントや手法、事例などを書いています。


1週間に2回程度自動配信されるメールを、1分程度読むだけでブランディングの知識をつけることができます。ワクワクブランディング体験を特別価格で受けられたりと、様々な特典もあります。


ブランディングメールマガジンを購読希望の方は、以下のボタンよりご登録ください。

[メルマガを無料購読する]